今後のイベント情報はこちらへ

2008年06月29日

6月1日GREEN ROOM FESTIVAL

こんにちはー、ホソカイです。
もう7月になりますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

大変遅くなりましたが、6月1日GREEN ROOM FESTIVALの様子をお伝えします。

DSCF1111.JPGDSCF1108.JPGDSCF1153.JPG

GREEN ROOM FESTIVALはサーフ系のイベントで、まだBLACK CHAMBERが整っていないような最初から、名村で開催されているイベントで、今年で3年目を迎えます。


“GREEN ROOM”とは…
『チューブ、もしくはチューブライディングをしている際にできる空間(サーファーにとっては神聖なるスペース)のスペースをそういいます。波のリップで包まれると同時に太陽の光と相まって緑色に輝くことからそう名づけられたとか。』(サーフィン用語百科事典)

つまりこの日の名村は、波の中の空間だったわけですね。すてきです。

DSCF1199.JPGDSCF1127.JPGDSCF1092.JPG

お天気にも恵まれ、親子連れ、小さなお子さんが多く、非常に気持ちの良いイベントでした。
メインのステージは野外の赤鉄骨下に組まれ、その他にPARTITA、BLACK CHAMBERと、3会場で行われました。
なんと訪れた入場客数は2000人を超え、しかし野外も含めゆったりと作られた会場のお陰で、皆さんレジャーシートやイスを持ち込み、それぞれ思い思いに時間を過ごされていました。

このイベントはガツガツとライブを楽しむ、と言うよりは、ほんとにみなさん“良い時間を過ごす”という雰囲気で、このGREEN ROOM FESTIVALの持つ特性なのだろうと思いました。

DSCF1115.JPGDSCF1220.JPGDSCF1231.JPG

正直あまり知っているアーティストの方はいらっしゃらなかったのですが、偶然見かけたAsh Grunwaldというアーティストが非常にかっこよかったです。
マイクを2つ使い、一つはヴォコーダーのような声の変わるマイクと、一つは通常のマイクで、様々な楽器を一人で演奏しながら歌うという“ワンマン・バンド”スタイルでパフォーマンスをします。
特徴的なドレッドを振り乱し、聴かせる声でした…!

会場内を歩いていたら偶然絵を見ているAshさんにお会いしまして、ここぞとばかりに拙い英語で話し掛けました笑。
仕事中でしすが、握手をして頂き、一緒に写真を撮らせて頂きました…!ありがとうございますAshさん!
(写真は見せられたものではないので割愛。)


DSCF1237.JPGDSCF1241.JPGDSCF1257.JPG

会場にはキャンドルナイトのテントも設けてあり、非常に幻想的ですてきでした。
実はうちでバーカウンタースタッフをしている女の子の中にキャンドル・アーティストを目指している方がおり、

『もう!もう…!すごい感動しました…!でも悔しいです、私もこんな風にやりたいです!』

ととにかく感動やら興奮やらしていて、

『雇って頂いてありがとうございます…!』

と、最後はちょっと面白いことになりました。


また来年も楽しみなイベントです◎
posted by ホソカイ at 18:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。